パースの基本情報
州都
パース
面積
2.525.500平方キロメートル
人口
約176万人
パースの人口
約135万人
時差
日本時間 -1時間
電話州外番号
08番
州花
カンガルーポー
州鳥
ブラックスワン(黒鳥)
産出物
金・ウラニウム・鉄鉱石・天然ガス
 
季節と気候

パースは、米国西海岸と同様、地中海性気候(西岸海洋性気候)の為、年間を通して穏やかな気候で、非常に過ごしやすいと言われています。
春---
8月下旬から11月上旬までは春となり、街中いたるところで、ジャカランダやワイルドフラワーの花々が一斉に咲き乱れます。朝晩の寒暖の差が大きく、時として強い雨が降る場合があります。
初夏---
11月中旬より12月初旬は初夏となり、雨も少なくなり、陽射しも日に日に強くなっていきます。(平均最低気温13度前後、最高気温は25度)
夏---
12月中旬から3月の時期は夏となり、雨はほとんど降らず、毎日雲ひとつない晴天が続きます。 気温も最高気温で40度前後まで上がる場合もあります。( 平均最低気温18度、最高気温30度)
冬---
6月から8月中旬までは雨の多い雨季となり、冬となります。一冬に10日前後、最低気温が2〜3度という非常に寒い日があります。(平均最低気温は10度前後、最高気温は18度)

パースでの夏へ移り変わり方は、涼しい日(最高気温20度前後)から段々と暖かくなっていき、暑い日(最高気温35度から40度前後)を迎えると雨が降り、気温が下がり、また上がって行くということを繰り返します。このタームの中で、暑い日が長く続くようになると夏になります。夏の終わり3月〜4月頃には、逆に涼しい日が段々と多くなっていきます。(平均最低気温15度前後、最高気温は27度前後)。4月、5月には、夏の時期にはなかった空に雲が出てきて、雨の降ることが段々と多くなっていきます。海で泳げる時期は、12月終盤より2月後半位までがベストシーズンです。

 
通貨
オーストラリアの通貨は、オーストラリアドル(AU$)が一般通貨として使用されています。日本円と同じように硬貨と紙幣があり、硬貨は2種類に分かれています。銀色の硬貨はセント(ドルの補助通貨)となり5¢の最小単位から10¢、20¢、50¢の4つの種類があります。
セントは100¢集まると1ドルとなります。金色の硬貨はドルとなり、1ドルと2ドルの2種類となります。セントの硬貨は、最小単位の5¢から50¢まで段々大きくなっていくのに比べ、ドルの硬貨は価値の低い1ドルの硬貨の方が大きくなっています。
紙幣は、薄紫の5ドル、青い10ドル、オレンジ色の20ドル、黄色の50ドルと最高紙幣は緑色の100ドルとなります。100ドルの紙幣で小さい物を買う際には、小さな商店等ではお釣りが無い場合が多いので、両替をされる際に、ある程度20ドルや50ドル札をご用意頂くと良いかと思います。
両替に関しては、ホテル(1部を除く)、パース市内の銀行、両替所、カジノ等がご利用頂けます。換金 レートが良いのはカジノ、両替所・銀行、ホテルの順番となります。安いレートで両替をお考えの方は、ご到着後、カジノにいらっしゃるのが良いと思います。
 
電話事情
市内通話については、通常、時間に関係なく規定料金でご利用頂けます。公衆電話の場合は40¢が最小単位となりますが、ホテルや、一部施設内の電話等は最小単位が50¢の場合があります。携帯電話との通話は上記の料金が適用されませんので、40¢で電話をすると繋がった瞬間に切れる場合が多いようです。緊急連絡先等は、携帯電話を使用している現地旅行会社も多いので、必ず1ドル以上を公衆電話に入れて電話をおかけ下さい(1分少々通話が可能です)。

公衆電話は通常10¢、20¢、50¢、1ドルのみご利用頂けます。市内ではニュースエージェンシーや、郵便局等ではテレホンカードも販売されていますので、ご利用されると便利かと思います。
 
郵便事情
パース市内、郊外の様々な場所に郵便局があります。パース駅近くの中央郵便局(GPO)は月曜日から金曜日の08:00-17:30、土曜日09:00-12:30、日曜日12:00-16:00まで営業しています。その他のエリアの郵便局では、平日の営業時間は16:00まで、土曜日、日曜日は営業していない場合もありますのでご注意下さい。
日本への葉書・カード・封筒は定型サイズ、重さで1ドルの切手でお送り頂けます。パースより日本への通常のエアメールは、投函後3日から7日位の期間で到着します。小包は郵便局ではエアメールもしくはエコノミーエアー(SAL便)のみの取り扱いとなります。現在船便はありません。その他の輸送機関では船便も取扱っています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オーストラリアの電圧は、240-250ボルト、AC50ヘルツとなります。(日本は100V)コンセントも日本とは違い、「ハ」の字と縦線の三ツ又となっています。そのまま日本製電化製品を使用すると電圧の違いから必ず故障してしまいます。日本から電気製品をお持ちになられる場合には、必ず変圧器をご用意頂き、また接続ソケット(アダプター)をご用意下さい。
ホテルで日本製電化製品を使用する場合は、変換ソケット等を貸し出している場合もありますが、数に限りがございますのでご用意出来ない場合もあります。予めご用意頂く方が確実です。変圧器を貸し出しているホテルは殆どありません。ホテルによっては、洗面所のコンセントのみ電圧が100ボルトに設定されている場所もありますので、必要な方はホテルご予約時に一度ご確認下さい。
パソコンやデジタルビデオカメラなどのほとんどは、240-250ボルト対応になっています。これは各製品のカタログやパワーアダプターを見てください。240-250ボルトになっていればほぼ問題なく使用できます。
 
インターネット接続
現在利用している日本のプロバイダがオーストラリアでのアクセスポイントを持っている場合には、パソコンの設定を変更するだけで、そのまま利用する事ができます。しかし、場合によっては海外からのアクセス用のIDとパスワードを発行する必要がありますので、ご利用のプロバイダにご確認ください。
また、ホテルでのインターネット接続については、各ホテルによりだいぶばらつきが出ておりますので、ご希望の方はホテルご予約時に一度ご確認下さい。最近では、ホテル内や、空港等に簡易のメール送信が出来る機械や、インターネットカフェ等もありますので、そちらをご利用頂くのも一つの方法となっています。
 
日本のビデオテープやDVDについて
オーストラリアのビデオ方式は、香港・インドネシア・シンガポール・ヨーロッパと同じPAL方式ですが、日本のビデオ方式は、アメリカと同じNTSC方式です。日本のビデオデッキで録画したビデオテープや日本で発売されている音楽プロモーションビデオテープ等はオーストラリアのビデオデッキでは見ることができません。まれにPAL・NTSC両方式対応のビデオデッキもありますが、それ以外ではそれそれの方式に対応しているビデオデッキでないと再生することはできません。
またDVDソフト及びプレーヤーには、市場シェアを守る目的からリージョンコードという規格が設定されています。 DVDソフトとDVDプレイヤーのリージョンコード両者が一致しなければ、再生することができません。 例えば、リージョンコード「2」(日本向け)のソフトは、リージョンコード2のプレーヤーでしか再生できないということになります。 オーストラリアのリージョンコードは「4」です。
音楽CDは別です。
 
 
パースでの利用可能
プロバイダ一覧
So-net
OZNAVI
Tokyo Network Computing
AOL
AT&T
iiNet
iPRIMUS
Optus Net
Telstra
 
 
 
 
 

 

© 2002 - 2009 Panorama International, Inc.